Coinbase上場への道筋? Rosetta実装プロジェクトとは

ニュース

XYMいつになったら上場するのよ〜?! 気になりますよね。
上場に向けた動きとして新たな情報をキャッチしましたので、今日はそのことについて書かせていただきました。よろしくお願いします。

Symbol DiscordのPROJECTSのカテゴリ内に ”Rosetta-Impl” というチャンネルができています。”Impl”とは、”initial microprogram load”のことでしょうね。ですからこのチャンネルは、”Rosetta実装プロジェクト” についてのチャンネルであると思われます。

このチャンネルで作業されていることについてひとことで書くなら

『Coinbaseへの上場の道筋?』

さらに付け加えるならば、

『XEMとXYMの各取引所への上場の促進!?
『NIS1とSymbolの導入開発の促進!?』

です。ちなみにこのチャンネルについては、XEMBookさんが早速8/27の深夜00:19にnemlogにて書かれておりました。さすがはXEMBookさん、早いですね、負けました苦笑

XEMBookさんのnemlog記事はこちら



XEMBookさんのnemlogを拝見させていただくと、もう完璧に説明されておりますので、改めてここで僕が書くこともないのですが、せっかくなのでもう少し踏み込んで内容を見て行こうと思います。

最初の書き込みは8/25、コアデブのお一人gimreさんです。
このようにチャンネルの概要と紹介が書かれております。

  1. nemとsymbolのためのrosetta-apiレイヤーを作成する予定です – https://rosetta-api.org/
  2. これは独立したサーバーになります – 今の所JavaScript/TypeScriptまたはPythonでと考えています

では 1. のRosettaについてですが、これはCoinbaseが6月に公開したブロックチェーンの統合支援ツール(オープン規格のAPI)のことで、リンクはRosettaのオープンソースの仕様書と各種ブロックチェーンとを連携させるためのツールとなっています。

Coinbaseが目指すところは、このRosettaを活用する事で各種ブロックチェーン・暗号通貨開発者と、取引所の両方が新規上場の際の統合にかかる開発の手間と時間を省けるようにしたり、取引所以外でもブロックチェーンと各種プラットフォームとの連携を標準化し、世界中でそれを共有することを目指しているそうです。
Rosettaのページを見ると、すでにCelo、Filecoin、Coda、Near、Blockstack、Oasis、Kadena、Ontology、Handshake、SiaのブロックチェーンチームがRosettaを使用しているそうです。

Discordで話し合われている事を読むと、NIS1とSymbolどちらも用意するような感じになっておりますので、つまりはRosettaを利用することで、取引所へのXEMとXYMの上場を容易に、迅速に実現することを目的としているのだと思います。ちなみにNIS1の方を先に取り掛かっている模様。 

次に 2. についてですが、https://github.com/NemProject/rosetta-nem ですでに作業が進んでいることがわかります。コアデブの方々がDiscordを使い、NEMbersに参加を促している(発言しなくても読むだけでも良いんですよ)のは、このように何をしているのかを見えるようにすることも目的の一つなのだと思います。(Discordはこちら)

また、Rosetta実装に向けて、データの扱いや処理の方法について試行錯誤をされている様子もわかります。

そしてDiscord読み進めると、Rosetta実装で興味深いところは、この仕組みはCoinbaseへ上場するためだけに使われるのではなさそうだぞ、というところであると思います。

そもそもCoinbaseがRosettaをオープンソースで公開した目的は、ブロックチェーン毎に異なる規格を、共通規格を設計することで、導入、統合、相互運用などを簡素化できるようにし、業界全体の発展を目指しましょうというところです。

ですからNIS1やSymbolがRosetta規格も提供していたら、開発者さんがNEMブロックチェーンを簡単に使えるようになるのでは無いでしょうか?(ここはむしろ逆で、NIS1やSymbolのアドバンテージである ”使いやすさ” が他のブロックチェーンとの差別化ポイントにならなくなる?)

何れにしてもこのチャンネルは始まったばかりですので、今後目の離せないチャンネルとなることは間違いなさそうです。


Coinbaseはアメリカで2012年に創業した老舗の大手取引所です。今年4月にはナスダックへ上場を果たしたこともニュースとなり、8月には、日本でのサービスも開始しました。

そして今だにXEMもXYMもCoinbaseへは上場を果たしておりません。

一説によると、NIS1/XEMはオープンソースではなかったために、Coinbaseへは上場できなかったという話があります。

NIS1/XEMのオープンソース化につきましては、Symbolのローンチ前後に、今後のオープンソース化が発表されております。そのことにより、「オープンソースではない」という問題は解決されるのでは無いかと思われます。

それだけでなく、このRosetta実装プロジェクトは、どう考えてもCoinbaseへの上場を期待してしまう内容なのでは無いでしょうか? 

XEMもXYMも取り扱う取引所が少ないことはホルダーとしては心もとないところであります。是非ともRosetta実装を応援し、今後のXEM/XYMの各取引所への上場と、より多くのNIS1/Symbolブロックチェーンの開発導入を楽しみにしましょう。

この翻訳記事を書いた人

Radio(@RadioRa26841511)

野良翻訳屋Radioですよろしくお願いします。

Symbol関連の翻訳活動しておりますので、ご支援いただけるとありがたいです

Symbolノードに委任して支援する
xym602.allnodes.me

XYMを投げ銭して支援する
NDXLBKLDVKG5RM46KVJYRYMZ4ZUG2LZENTPQXFQ



コメント

タイトルとURLをコピーしました