\ 仮想通貨取引量 国内No. 1 /
bitbank(ビットバンク)

世界中に広がっていく、仮想通貨Symbol/NEMのコミュニティ

Symbol/NEMのプロモーションを担当していたNGLの解散により、Symbol/NEMはより技術的かつ分散型のチェーンを目指すことになりました。

コア開発者が目指すSymbolの将来像はこちらです。

SECのスピーチから考える「なぜ仮想通貨にはコミュニティが必要なのか?」

Symbol2 Reflections of Space Pirates 〜スペースパイレーツの指針〜

よって、この記事内で紹介しているテレグラムは一度解散という運びになりました。

代わりに公式Discordで開発の進捗状態や、議論の様子を見ることができます。

SymbolのDiscordサーバーに初めてログインする際の注意点

そもそも新チェーン「Symbol」とは

Symbolとは、NEM Groupが4年以上をかけて開発した「企業グレードの次世代型ブロックチェーン」なのですが、詳しい説明はこれらの記事を読んでください。

Symbolの誕生後、Twitterやテレグラム(LINEみたいなチャットアプリ)などで大きな変化が起き始めました。

Twitterで広がるNEM/Symbolの他言語化

まず、NEM GroupのOliver Muldoon(@OliverMuldoon)さんのツイートをご覧ください。

「NEMコミュニティが広がり、世界で最も使われている8つの言語(中国語,スペイン語,英語,ヒンズー語,アラビア語,ポルトガル語,ベンガル語,ロシア語)で、#Symbolについて学べるようになったよ!」

と、おっしゃっています。

もちろん8つ以外にも日本語や他の言語もありますので、実際にはNEMコミュニティはもっともっと世界中に広がっているはず。

SNS、Twitterで他言語化が成功したことにより、例えばNEM公式の英語のツイートや、Symbolの機能を母国語で、現地の人たちに伝えることができるようになったのです。

他言語化によるTwitterでの拡散

いくつか、例を挙げさせて頂きますね。

これはスペイン語

アラビア語

ポルトガル語

中国語

ロシア語

フランス語

ほんの一例ですが、どうでしょう?

Symbolがローンチしてまだ3ヶ月です。3ヶ月で、ここまで成長することにコミュニティは成功しました。

しかし、これだけでは「Symbolについて母国語で学べる」とは言い難い。

そこで、海外で人気のチャットアプリ「テレグラム」をみてみましょう。

チャットアプリ「テレグラム」のNEM/Symbol

NEMの公式サイト(英語)の方にテレグラムに参加するリンクがあるのですが、

スクショさせて頂きました。こんな感じです。

  • NEM Official(英語)公式
  • NEM japan(日本語)
  • NEM Russian(ロシア語)
  • NEM Spanish(スペイン語)
  • NEM German(ドイツ語)
  • NEM Chinese(中国語)
  • NEM Italian(イタリア語)
  • NEM Portuguese(ポルトガル語)
  • NEM Turkish(トルコ語)
  • NEM Korean(韓国語)
  • NEM Indonesian(インドネシア語)

これだけの数のテレグラムグループが存在し、しかも覗いて見たらわかるのですが、ハーベスト設定のことやSymbolで出来ることの説明など、毎日ちゃんとやり取りが行われています。

Twitterでの他言語化による拡散と、テレグラムによる丁寧な対応、どっちもちゃんと確立しているんですね。

ちなみに一番やり取りが盛んなのは公式(英語)で、次に日本です。

現在はDiscordというアプリで、Symbolに関する議論や技術進歩などをみる事ができます。

興味がありましたらぜひ遊びに行ってみて下さい。

Join the NEM & Symbol Discord Server!
Check out the NEM & Symbol community on Discord - hang out with 4,303 other members and enjoy free voice and text chat.

日本のSymbol/NEMコミュニティはやっぱり凄い

他言語化に成功し、世界中に広まりつつあるSymbol/NEMですが、やはり日本のコミュニティは技術面、情熱面、どちらも凄い。

そのことに気づいた彼らは今、日本の技術者やイノベーションをTwitterやブログで取り上げまくっています。

素晴らしいですね!!

こちらはSymbol Blog(@blog_symbol)という、コミュニティブログ(英語)。

日本人の、NEM\Symbolに関するTwitterを取り上げた記事。

キツツキ(@kitsutsukick)さんが書いた記事の翻訳記事。(元記事:ワクチン・パスポートを、パブリックブロックチェーンを利用して実現する為には)

NFT花札アートについての記事。

日本がリスペクトされて、広まっていくのはとっても嬉しいですね!

あと、中国語のNEM/Symbolサイトもありますよ!

$XYM $XEMの価格が上がる前に

こうやって日本と世界の溝が埋まっていき、Symbol/NEMの素晴らしさが世界中に伝わる日が来るでしょう。

そして価格が上がる…(期待)。

その日が来る前に僕は、Buy $XYM $XEM

そしてnemediaで普及活動を頑張ります!!

シマリス
シマリス

google翻訳などを使って海外勢とも交流してみると、皆さんいい人で面白いですよ。ぜひ仲良くなって下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました