\ 仮想通貨取引量 国内No. 1 /
bitbank(ビットバンク)

シンボル(XYM)ブラウザウォレットSSS_Extensionの使い方

シマリス
シマリス

暗号資産(仮想通貨)ブラウザウォレットといえばETHのMetaMaskが有名。

SSS Extensionはそのシンボル(XYM)版という感じ。めちゃ簡単に作れます。

対応ブラウザはChrome,Braveです。

Chromeウェブストアからインストールします

Chrome-ウェブストア

↑こちらのリンクからSSS Extensionをブラウザに追加。

そうするとこのような画面が出てきます。

今回は

・秘密鍵をインポート

・新規でアカウントを作成

を説明します。

既に持っているウォレットの秘密鍵をインポートする場合

↑で「秘密鍵をインポート」を選択すると、この様な画面になります。

Name:ウォレットの名前です。ご自由にどうぞ。

Address:自身のウォレットのアドレスをコピペします。

PrivateKey:自身のウォレットのプライベートキー(秘密鍵)をコピペします。

Password:SSS Extensionを使うためのパスワードです。ご自身でお決め下さい。

アドレスとプライベートキーの確認方法書いときます。

Arcanaモバイルウォレットの場合

右下の機能→ウォレット→「…」→アドレスとプライベートキーコピー、でコピーできます。

シンボルデスクトップウォレットの場合

アカウントタブから確認できます。

入力できましたらNext→Doneで完了です。

簡単ですね。

ちなみに今開いている画面↑はブラウザ右上のパズルのピースのアイコンから導入している拡張機能のリストを表示、そこからSSSのアイコンを押すとリンクが開きます。

ピン留め、という機能を使うと常時ロゴが右上に表示されます。

わからない場合はブックマーク推奨です。

あとで色々確認するときに便利ですので。

新たにウォレットを作る場合

「ウォレットを作成」を選択すると

こうなります。

Name:ご自由にどうぞ。

Password:SSS Extensionを使うためのパスワードです。ご自身でお決め下さい。

入力できましたらNext→Doneで新たにSymbolウォレットが作成できました。

引くほど簡単ですね。

SSS Extensionで何が出来るのか

シンボルブロックチェーンを採用したウェブアプリを使用する際、SSS Extensionを連携させることでいちいち秘密鍵を入力する必要がなくなります。

これはサービス提供側にとっても面倒な秘密鍵管理の手間が省ける、というメリットがあります。

SSS Extensionとアプリを連携させてみよう

では最後に、実際に連携作業をしてみましょう。

こちらはふぇいとん(@feiton81118)さんが作ったレーシングゲーム「フォーミュラ魂」です。

フォーミュラ魂

ブラウザ内で右クリックを押すと上の画像のように「Link to SSS」という項目が出てきますのでクリックします。

そしたら右下に、

このように「Linked with SSS」と出たら連携完了です。

フォーミュラ魂では自身が持っているモザイク(トークン)をマシンに搭載させることによって、マシン性能を変化させることができます。

SSSと連携ができたので、自身のウォレットにあるモザイクが表示される様になりました。

SSS Extensionを採用しているアプリなら、こんな感じで簡単に連携して遊ぶことができます。凄いですね。

シマリス
シマリス

SSS Extensionは個人(@_inatatsu_csg_)での開発になります。アップデート情報などTwitterで確認する必要があるので、公式アカウントをフォローすることをおすすめします。

公式:@SSS_Symbol

上手くできなかった方はTwitterで僕にDM下さい:)

▼あなたにおすすめの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました