\ 仮想通貨取引量 国内No. 1 /
bitbank(ビットバンク)
シンボル/ネムの説明

「なぜ仮想通貨にはコミュニティが必要なのか?」SECのスピーチから考える

米国証券取引委員会委員長 ゲイリー・ゲンスラーさんは、暗号資産(Crypto Tokens)と「証券」について話をしています。ハチェットさんはそのことについて抜粋し、まとめ、ツイートをしました。この記事はそのツイートの翻訳になります。ゲイリー・ゲンスラーさんが話された点は、Symbol/NEMに関わらず、暗号資産に投資している方々は知っておいた方が良い内容かと思います。
ニュース・ユースケース

[外部リンク]COMSA完全攻略~クリエイター編~

ねむぐまさんのCOMSAに関する記事です。登録方法なども記事内に書かれています。COMSAに興味がある方は是非読むことをお勧め致します。
ニュース・ユースケース

GW前に速習Symbolというドキュメントを公開しました

XEMBookさんの「GW前に速習Symbol」というドキュメントのリンクです。
シンボル/ネムの説明

シンボル/ネムの公式Discordにログインする方法・注意点

Discordの新規登録などは直感的にできますが、サーバーに初めて入室する際にちょっとしたトラップがありますので、その説明です。
ニュース・ユースケース

Trackgood トレーサビリティにネムブロックチェーンを利用

Symbolブロックチェーンを通じてサプライチェーンに透明性と持続可能性を。Trackgoodは、Symbol技術の使用により、簡単に導入できる低コストで信頼性の高いサプライチェーン追跡管理及び持続可能性の解析ツールです。
ニュース・ユースケース

結果報告 Symbolが繋ぐ日台の絆 龙クリス(台湾)さんによる寄付プロジェクト

以前こちらnemediaでも紹介させていただきました、台湾の龙クリスさんによるチャリティプロジェクト。身寄りのない子供たちに栄養満点で心のこもった食事を届けること、頼る者無くこの世を去った人を荼毘に付し見送る活動へ、Symbolブロックチェーンを使った方法でXYMを寄付として募り、集まったXYMを台湾ドルへ換金して、台湾の慈善団体「康黃金慈善愛心協會」 へ届けるプロジェクトの結果報告がありました。
ニュース・ユースケース

Symbolが繋ぐ日台の絆 龙クリス(台湾)さんによる寄付プロジェクト

台湾NEMberの龙クリス(ドラゴンクリス)さんが現在Symbolを介した寄付プロジェクトを進めています。龙クリスさんは、Symbol情報を中国語で発信するサイト「Symbol中文部落格」 を運営している台湾のNEMberです。また、Twitterでの発信でも英語、日本語を織り交ぜ日々活発に行っております。
シンボル(XYM)決済店

小学生までラーメン無料?屋台けいじさんにXYM,XEMで寄付しよう!

小学生までラーメンを無料にする「保留ラーメン」という活動をしている屋台けいじさん。活動に賛同される方はぜひXYM,XEMで寄付をしてみてはいかがですか?この記事では僕が実際に寄付をするところを見せていますので、参考にどうぞ。
ブログ

ついに「バーチャル美少女ねむ」について記事を書く日が来たようです

2017年頃から姿を現し、全人類を美少女へ変えようとしている「バーチャル美幼女ねむ」とは、いったい何者なのか?人類美少女計画のその実態。魂の救済とは?謎に包まれたそのベールを、少しだけ覗いてみませんか?
ニュース・ユースケース

【ありがとうNEMHUB】NEMHUB終了とリブランディングについて

2020年7月頃から、NEM/Symbolの知名度向上を目的に作られた「NEMHUB」の終了が決定しました。開発者達の発言を読めば、Symbolがこれから大きく成長するために必要な過程だと判断ができると思います。
タイトルとURLをコピーしました